まずはお気軽にお問い合わせください

0561-42-0322

営業時間 10:00~18:00(日祝休)


圧力鋳込み成形

→代表的な採用用途:複雑な製品を大量生産する場合。ガバ鋳込みよりも安価かつ製作が早い
圧力鋳込み成形の写真_白い石膏型が縦に連なり、中に陶器用の泥を圧力で注入、右は型を開いて中の土が皿状に成形された様子
圧力鋳込みは、圧力をかけながら石膏型に泥しょう(粘土)を充填する成形方法です。
 作りたい製品の一対の石膏型を縦に積み重ね、下の台座から泥しょうを入れていきます。石膏型は泥しょう入れる穴で繋がっていて、下の型から上の型に泥しょうが入っていきます。
 石膏型が水分を吸い、粘土が固まったところで、石膏型から外します。圧力鋳込み用の粘土は下記のガバ鋳込みにくらべ水分量が少なく、かくはん時に混入した気泡が入りやすいため、かくはんタンク内部を真空状態にして気泡を取り除く脱泡を行います。
複雑な型の製品も正確に量産できるのが特徴です

ガバ鋳込み成形

→代表的な採用用途:複雑かつ袋状の製品を大量生産する場合
複雑な形状の陶磁器を作るのに適した伝統的な成形方法のひとつ。
 完成品の形状に合わせて用意した「割型」と呼ばれる石膏型に液状の土を流し込み、一定以上寝かせ、表面の粘土がある程度の厚みで固まったら、余分となった残りの液状粘土を捨て成形します。
泥を捨てたら全体が乾くのを待ち、割型を外せば完成。
 花瓶や徳利など、口のすぼまった、いわゆる”ふくろ物”を作る際に使われる技法です。泥をガバッと捨てることから、この名で呼ばれるようになりました。


ロクロ成形

→代表的な採用用途:回転体の形を小ロットで生産する場合
ロクロが使う成形方法は「水挽成形」がよく知られています。
これは素地土の塊をロクロに据え、
手に水をつけながら素地を成形していくものです。
 成形の際に使用するのがコテ・ヘラ・ナメシガワ・マガリ
といった成形用の道具。このほか、成形品を切り離す際に使う
シッピキや成形品を裏返してロクロに固定するための
シッタなどの道具も使います。

手捻り成形

→手作りの複雑な形を小ロットで生産する場合
球状の粘土を手でこねて形を作る「玉づくり」は、球状の 粘土の真ん中に指を押し込み窪ませ、少しずつ回転させながら粘土を薄く伸ばしていきます。
 手捻りはロクロによる成形よりも時間がかかる傾向にありますが、器の大きさや形をよりきめ細かく作りあげることができるのが特徴です。

パッド印刷

絵柄を彫り込んだ凹版に絵具を付け、シリコン製のパットを押し付けて絵柄を素焼き生地に写し取る下絵付け方法。シリコンは柔軟性があり、曲面部分、凹部分にも絵柄を写し取る事が可能。
凹版の絵柄の深さにより濃淡を付けたり、色数も3色まで絵付けをする事が可能。初期費用5~7万程度。
量産型の機械の為、発注ロットは1.000単位となる。

スクリーン印刷

シルク版に絵柄を付け絹目の間から絵具を塗り付ける事で素焼き生地に絵柄を写し取る下絵付け方法。
シルク印刷は茶碗、フリーカップの様な回転体の物に適しており器の外側全体に絵付けをする事が可能。
量産型の機械の為、発注ロットは1.000単位となる。

施釉

器の表面に強度と光沢をもたせたり、色を付けたりする為に、ガラス質の成分を含んだ「釉薬」という液体を素焼き生地の表面に施し焼成、定着させます。
 この釉薬を施す工程を「施釉」といいます。釉薬の層を一定にすることは難しく、釉薬の濃度は季節によって変化する為その都度の調節、高度な技術と経験が必要です。
 釉薬には、色合い・質感・表情が無限にあり、試作を重ねることでイメージに合う釉薬の開発が可能です。

伝統の技法がこだわりのオリジナル陶器を実現します。

長年磨いた伝統の技法を十分に活かして、きっと満足頂けるものをお届けします。

イニシャルコスト★★★★★0円
製品価格    ★★☆☆☆少し高い
生産性     ★★☆☆☆やや低い
納期      ★★☆☆☆やや遅い

盛り絵具と呼ばれる装飾技法のひとつ。スポイトなどの道具から泥しょうを絞り出しながら素地に文様を描きます。いっちんによる凹凸は表面に立体感を生み出します。全て手作業で行うため素朴な手描きの風合いが特徴です。初期費用はかかりません。




イニシャルコスト★★★★☆低い
製品価格    ★★☆☆☆少し高い
生産性     ★★☆☆☆やや低い
納期      ★★☆☆☆やや遅い

鉄筆などを使用し素地に彫り込みを入れる手法。手描き同様手作業で行います。簡単な線彫りは比較的安価ですが、複雑な彫り込みには費用が加算されます。経験豊かな職人の技が、ハンドメイドの雰囲気を演出します。




イニシャルコスト★★★☆☆平均的
製品価格    ★★★☆☆普通
生産性     ★★★☆☆普通
納期      ★★★☆☆普通

焼成前の生素地に絵柄をプリントする方法。上絵転写と比較すると細かい絵柄の表現や発色性は若干落ちますが、陶磁器独特のやさしい風合いに仕上がります。
初期費用として1色あたり13000円程度の原版代がかかります。




イニシャルコスト★★★★★0円
製品価格    ★★★★☆安い
生産性     ★★☆☆☆やや低い
納期      ★★☆☆☆やや遅い

転写とは異なり、版代等の初期費用が発生しないため、少ロットに適しています。表現できる色の種類は限られますが、手描きならではの味わいを出す事ができます。但し絵柄の均一性を求める場合には適しません。




イニシャルコスト★★★★★ 0円
製品価格    ★★★☆☆ 普通
生産性     ★★★☆☆ 普通
納期      ★★★☆☆ 普通

素地にエアブラシなどを使用し顔料を吹き付ける手法。2色の顔料を使ったグラデーションの表現も可能です。
初期費用は不要ですが、特殊な色をご希望の際には1色あたり5000円から12000円程度かかる場合があります。




イニシャルコスト★★★★☆安い
製品価格    ★★★☆☆普通
生産性     ★★★☆☆普通
納期      ★★☆☆☆やや遅い

水分を弾く特殊な溶液(撥水剤)を使用し、部分的に色を抜きます。絵柄を抜きで表現する場合、その柄のゴム版を作成し、スタンプを押す感覚で素地に撥水剤を塗り、その上にうわ薬(釉薬)を塗ります。ゴム版の費用は5cm正方で約2000円程度です。




イニシャルコスト★★★☆☆ 平均的
製品価格    ★★★★☆ 安い
生産性     ★★★★★ 高い
納期      ★★★★★ 早い

焼成後の商品に、転写シートを貼付け再度焼く事で溶着させる方法です。特徴は豊富なカラーバリエーションと鮮明な発色。また細かいデザインの印刷が可能で、ロゴやキャラクターなどのデザインに適しています。初期費用として1色あたり12000円程度の原版代がかかります。




新技術

3Dスキャン

→現在の主な採用用途:お客様からの実物支給がある場合
お客様のご要望で、既に完成イメージとして実物がある場合、もっとも安価で早い方法です
 従来は職人の経験と技術を用いながら、時間と費用をかけて行います。
 3Dスキャナーで形を取り込み、サンプルや原型を3Dプリントし作業を効率化。これにより従来よりもサンプル作成と修正を繰り返す時間が格段に短くなりました。

3Dプリント/データ作成

→現在の主な採用用途:図形的でシンプルな形状の場合
安価にサンプルの実際のサイズ感を手にとってのご確認が可能になります。 作成した立体物を圧力鋳込みの石膏型を製作する際に使用することが可能で生産を従来の方法よりも、安価・高速にします。 直線や図形的な形のサンプルをご希望の場合最も安価で作成と修正の工程が短くできる方法です。 写真を立体的なエンボス加工に変換することが可能になりました。 シンプルさを要する造形を安価・高速で製作・修正する利点があると錦松竹では考えています。

愛知瀬戸市の技術センターとの共産で3Dプリント技術を用いた陶器生産が可能です。

3dプリントから陶器へ製造可能な3dデータを作成
写真から立体的なエンボスを作成可能
無料で見積もり依頼する

ご希望の陶器製品を無料でお見積もりいたします。 ご注文は当方からお見積もり後ご検討ください。

無料 口頭・メール・zoomでのご相談・お見積もり無料
無料 ご提案書の作成 無料
有料 サンプル作成有料・本製作有料